物書きとしてのKeiko N.
人生の野望の一つとして(つまり、他にもあるってことだが)
物書きになりたいって言うのがあります。
私は、私を知る人にとって、信じがたいおしゃべりであり
「お題」を与えられたら、冗談抜きで12時間くらいは
一人で喋り続けられると思います。
そんなコンテストなどがあったら、全国で上位3位に入る自信があります。
しかし、世の中、そんな私に付き合って、話を聞き続けてくれる
暇な人は少ないので、しゃべれない時は書きたくなるわけです。

なんて言ってる間に、本当に本を書いちゃいました!
どうぞ皆さま、よろしくお願いいたします!



シアトル式「みっくす家族」のできるまで
しろくま けいこ
幻冬舎ルネッサンス
全国書店&amazon.co.jpにて発売中です
育児日記シリーズ 1999年9月
育児日記シリーズ 1999年10月
育児日記シリーズ 1999年12月
育児日記シリーズ 2000年8月
妊婦エッセイシリーズ 「妊娠100回100通り」
妊婦エッセイシリーズ 「ハ−フ制作の甘い罠」
妊婦エッセイシリーズ 「妊婦服問題」
妊婦エッセイシリーズ 「妊婦バッチの提案」
妊婦エッセイシリーズ 「妊婦の値段」
妊婦エッセイシリーズ 「優先席」
私小説エッセイシリーズ 「No, Thank you」
私小説エッセイシリーズ 「Dilemma」
私小説エッセイシリーズ 「On the Move」
アメニモマケズ Keiko N. バージョン